Cast introduction

ホーム – 松本亜希子

松本亜希子

 
 松本 亜希子 ~Akiko Matsumoto~

 
 『アナウンスやMCを聞いてくれた方の
 
  「何となくよかったね」の感想。
 
    この「何となく」が、
 
      私の心がけているところです』

.

NPBや独立リーグでの場内アナウンス、FMラジオのMC、イベントの司会から、
はたまたテレビ出演まで幅広い守備範囲の彼女の素顔は、とてもナチュラル。

.

校生の時に、県予選大会の決勝のアナウンスをしたことが、この世界に興味をもったきっかけという。

「その時の試合は群馬県の高校野球の観客動員数が記録に残ったくらい超満員で。
決勝の担当をすることになったのは偶然だったんですが、
この時の経験が自分にはセンセーショナルで、アナウンスの楽しさに魅せられてしまいました。」
 

「野球のアナウンスをやりたいと思っても、当時はBPみたいなところもなくて。

夢はあきらめて、普通に大学進学して、アナウンスとはかけ離れたところに就職しました。」

んな中で、地元・群馬に独立リーグができ、そのボランティアスタッフを募集するというニュースを彼女は知った。あきらめていた「野球のアナウンサー」のポジションが少し近づいた瞬間だった。

「ボランティアだから、アナウンスも含めて、いろんなことをさせてもらいました。
転職も考えていた時期だったので自信をもてるものや強みは何かを探していたんですよね。
そこで「よし、アナウンスをつよみにしよう!」と決めて。
 
そこで、プロのアナウンサーとして来られていた先生に、喰らいつくように指導していただきました(笑)。
それからBPのことを知り、そこでその先生の名前を見つけたときには本当にびっくりしました~。」
こまでも自然体で、素直な雰囲気な彼女に「アナウンスで心がけていること」や「将来のこと」を尋ねてみると、その回答に思わず納得。

「かっこよく言うと『声の一期一会』を常に感じているんです。
例えば球場だと、よく来られるお客様もいれば、何となく連れて来られたお客様もいらっしゃるわけですよ。
ラジオもたまたま聞いている方もいる。司会だって同じ。
たまたま私の声やアナウンスを聞かれた方が『なんとなくいいね』って思ってくれたらいいと思っています。
程よい距離感を持つ感じでいたいかな。」

 

「もともとホテルで働いていたので、お客様のちょっとした動きを見逃さないよう鍛えられました。

あと敬語慣れ(笑)。

いろんな視点でものを見るようにしているので、観察眼や洞察力と言うもの大げさですけど。

そのおかげでアナウンス中にも周囲を見ながら、ちょっとしたざわつきも察知して対応することができたり。

自分の経験で培ったことは無駄にはならないですね。」

 

「アナウンサーの仕事をやりはじめて「やりたいこと、できること、求められていること」が

全て違うことも実感しました。

野球の場合だと、球団によってアナウンサーに求めるものが違うから、それに柔軟に対応することが必須なんですよ。今担当しているNPB球団では、言われたことは「できます!」と(笑)。

おかげでブラッシュアップすることができたと思っています。」

.

これ以外にも、全国47都道府県を訪れたり、仲間と古墳グッズを作成販売したりと多彩かつ知的な趣味を持っているとのこと。
「アナウンスで47都道府県制覇が夢ですね」という彼女は、会話中の言葉でも、相手を心地よくさせてくれる魅力の持ち主だ。

PC版を見る

スマートフォン版を見る

PAGE TOP